本免模擬テスト

本免模擬テスト

教習番号を入力してください
氏名を入力してください(フルネーム)
1. 
交通整理の行われていない交差点に差しかかったとき、ほかの車や路面電車が接近していたので、衝突事故をさけるため速度をはやめてその交差点を通過した。

2. 
事故の負傷者の意識を確認する方法は、大声で呼びかけるか両肩を強くたたくとよい。

3. 
最高速度が時速30キロメートルのときは、乗車用ヘルメットをかぶらなくてもよい。

4. 
この標識は、大型貨物自動車が時速50キロメートルを超える速度で走行してはならないことを示している。

5. 
車は、道路状態やほかの交通に関係なく、道路の中央(中央線があるときは、その中央線)から右の部分にはみ出して通行することは禁止されている。

6. 
時間制限駐車区間では、パーキング・メーターが車を感知したとき、またはパーキング・チケットの発給を受けたときから、標識に表示されている時間を超えて駐車してはならない。

7. 
二輪車は、保安基準に基づいて造られているので、無断で改造してはならない。

8. 
自家用普通乗用車の日常点検整備は、毎日1回、必ず行わなくてはならない。

9. 
自転車横断帯とその端から前後5メートル以内の場所は、駐車も停車も禁止されているが、原動機付自転車はすぐ移動できるので駐車してもよい。

10. 
オートマチック車を発進させるときは、チェンジレバーがPの位置にあることを確認すれば、ブレーキペダルとアクセルペダルの位置を確認する必要はない。

11. 
上り坂の頂上付近で見通しが悪いところであっても、対向車が中央線をこえて走行してくることは考えられないので、徐行する必要はない。

12. 
原動機付自転車は、「原動機付自転車の右折方法(小回り)」の標識のある道路の交差点では、青の矢印信号に従って右折することができる。

13. 
同一方向に車線を変えないまま、続いて左方の道に入るときの合図の時期は、ハンドルを切るときである。

14. 
車が衝突したときの衝撃力は、速度と重量に応じて大きくなり、速度が2分の1になれば衝撃力は4分の1に減る。

15. 
車の運転者は、止まっている車のそばを通るときは、車のかげから人が飛び出すことがあるので注意して通過しなければならない。

16. 
踏切を通過しようとするときは、まず踏切の直前(停止線があるときは、その直前)で一時停止をし、自分の目で直接左右の安全を確かめれば十分である。

17. 
この図のように、警察官が腕を頭上に上げているときは、矢印の方向の交通に対しては、信号機の信号の黄色と同じ意味である。

18. 
駐車しようとしたとき、車の右側の道路に3.5メートル以上の余地がなかったが、ほかに通行している車がなかったので駐車した。

19. 
原動機付自転車で進路変更するときは、ほかの自動車などの動きを十分に考え、安全を確認し、進路を変えようとするときの約3秒前に合図をする。

20. 
四輪車で走行中、エンジンの回転数が上がり、故障のため下がらなくなったときは、ギアをニュートラルにし、ただちにエンジンを切るとよい。

21. 
自動車を運転中、携帯電話のメールが着信したので、メールの内容を読むため画像を注視した。

22. 
普通乗用車で走行中、路線バスなどの専用通行帯が設けられている道路で、専用通行帯を通行して左折した。

23. 
一方通行の道路を進行中、緊急自動車に進路をゆずるときは、道路の右側に寄る場合もある。

24. 
交差点の手前の停止位置に近づいたとき、前方の信号が黄色に変わった場合は、安全に停止することができない場合に限り、そのまま交差点を通過することができる。

25. 
総排気量が660cc以下の普通自動車は、大型特殊免許で運転できる。

26. 
原付免許で小型特殊自動車の運転をすることができる。

27. 
標識や標示で最高速度が指定されていない一般道路における普通貨物自動車の最高速度は時速50キロメートルである。

28. 
急ブレーキをかけると車輪の回転が止まり、横すべりを起こす原因になるので、ブレーキは数回に分けて踏むのがよい。

29. 
交通整理の行われていない交差点で、道路幅が同じである場合は、左方からくる車に進路をゆずらなくてはならない。

30. 
時速60キロメートルで走行している普通乗用自動車の停止距離は、乾燥したアスファルト道路の場合で、約20メートルとなる。

31. 
交通規則は、道路を利用する人が守らなくてはいけない共通の約束ごとであるが、自転車や歩行者には適用されない。

32. 
助手席用のエアバッグを備えている自動車の助手席に、やむを得ず幼児を同乗させるときは、座席をできるだけ後ろまで下げ、チャイルドシートを前向きに固定して使用させることが大切である。

33. 
車は、こう配の急な道路の曲がり角付近で、「右側通行」の標示があるところでは、道路の中央から右の部分にはみ出して通行することができる。

34. 
二輪車で、短い距離を運転するときや乗り降りのひんぱんなときは、乗車用ヘルメットをつけなくてもよい。

35. 
高速道路で故障した場合、登坂車線があるときは、その登坂車線に駐車することができる。

36. 
交差点で直進か左折する車や路面電車があっても、いつでも右折する車に優先権がある。

37. 
腰ベルトは、骨盤を巻くようにしっかり締め、ベルトがねじれていないかどうかを確認する。

38. 
交通事故の責任は、車の管理が不十分なため、かぎを勝手に持ち出されて事故が起きたときは、車の所有者にも責任がある。

39. 
高速道路では、故障のためやむを得ないときは、十分な幅のある路肩や路側帯に駐停車してもよい。

40. 
高速道路を通行する場合、タイヤの摩耗や損傷、空気圧の不足はパンクの原因になるので、慎重に点検しなければならない。

41. 
疲れているときは、注意力や判断力が低下するので、車の運転はさし控えたほうがよい。

42. 
四輪車で走行中、エンジンの回転数が上がり、故障のため下がらなくなったときは、ギアをニュートラルにして車輪にエンジンの力をかけないようにしながら路肩など安全な場所で停止し、エンジンを切るとよい。

43. 
一般道路では、普通二輪免許を受けて1年を経過した者は、二人乗りすることができる(側車付を除く)。

44. 
雨の日は、窓ガラスがくもり、視界が悪くなるので、側面ガラスを少し開けて外気を取り入れたり、エアコンをつけたりして、窓ガラスのくもりをとるとよい。

45. 
走行中にタイヤがパンクしたときは、まずハンドルをしっかりと握り、車の方向を直すとともに、断続的にブレーキを踏んで止めるようにするのがよい。

46. 
バス運行時間中の停留所の標示板(標示柱)から10メートル以内の場所は、駐車や停車が禁止されている。

47. 
二輪車でブレーキをかけるときは、雪道など路面がぬれてすべりやすいところでは後輪ブレーキ、乾いたところでは前輪ブレーキを強めにかける。

48. 
車両通行帯のないトンネルでは、自動車や原動機付自転車を追い越すため、進路を変えたり、その横を通り過ぎてはならない。

49. 
カーブを走行するときは、遠心力が働き、自動車はカーブの外側に飛び出そうとする。

50. 
対向車のライトがまぶしいときは、視点をやや左前方に移して、目がくらまないようにするとよい。

51. 
普通貨物自動車に積むときの荷物の長さは、その自動車の長さの1.2倍の長さまでである。

52. 
対向車のライトがまぶしくて目がくらんだときは、目をつぶり視線をそらすのがよい。

53. 
普通免許で「普通車はオートマチック車に限る」の免許条件がついていても、運転経験が3年以上となったときには、すべての普通自動車の運転をすることができる。

54. 
この標識は、この先の道路では強い横風の吹くおそれがあることを示しているので、減速するなどして、ハンドルを取られないように注意しなければならない。

55. 
自動車を運転するときであっても、自動車検査証、自動車損害賠償責任保険証明書などは大切な書類であるから、紛失しないように自宅の金庫に保管しておくのがよい。

56. 
交通整理の行われていない道路幅が同じ道路の交差点では、路面電車や左方からくる車の進行を妨げてはいけない。

57. 
同一方向に二つの車両通行帯があるときは、左側の車両通行帯を通行しなければならない。

58. 
駐車場、車庫などの自動車専用の出入口から3メートル以内の場所は、駐停車禁止場所である。

59. 
高速道路では、故障などのためやむを得ない場合は、十分な幅のある路肩や路側帯に駐停車することができる。

60. 
原動機付自転車でブレーキをかけるときは、前輪ブレーキはできるだけ使わず、後輪ブレーキだけを使うのがよい。

61. 
標識などで駐車が禁止されていない道路であっても、車の右側の道路上に3.5メートル以上の余地がなければ駐車できない。

62. 
この2つの標識のあるところでは、同時に後退も禁止されている。

63. 
オートマチック車のエンジンブレーキは効果がないので、下り坂などではフットブレーキとハンドブレーキで減速するのがよい。

64. 
高速道路では、故障のためやむを得ないときは、十分な幅のある路肩や路側帯に駐停車してもよい。

65. 
この標識のある通行帯は、小型特殊自動車、原動機付自転車、軽車両以外の車は通行することができない。

66. 
雨の中で高速走行すると、スリップを起こしたり、タイヤが浮いてハンドルやブレーキがきかなくなることがあるが、これをハイドロプレーニング現象という。

67. 
横断歩道や自転車横断帯とその手前から30メートル以内は、軽車両以外の車の追い越しや追い抜きは許される。

68. 
警戒標識は、道路上の危険や注意すべき状況などを前もって道路利用者に知らせて注意をうながすものであり、それはすべて地が黄色い標示板である。

69. 
徐行とは、標識や標示によって示されている最高速度の2分の1以下の速度で進むことである。

70. 
貨物自動車の荷台に荷物を積むときの幅は、左右に自動車の幅の10分の1以下であればはみ出してもよい。

71. 
交差点付近を指定通行区分によって通行しているときは、緊急自動車が接近してきても、進路をゆずる必要はない。

72. 
二輪車は、急ブレーキをかけると車輪がロック(車輪が止まった状態)し、横すべりを起こす原因となる。

73. 
自動車を運転中に、どこを走っているかわからなくなったので、カーナビゲーション装置をときどき注視しながら走行した。

74. 
はみ出して通行することが禁止されていない見通しのよい道路でも、左側の部分の幅が6メートル未満の場合は、中央から右の部分を通行してはならない。

75. 
高速道路を通行するときには、ラジエータキャップが確実に締まっているか、ファンベルトの張り具合やタイヤの空気圧が適当であるかを点検しなければならない。

76. 
運転中、眠気を防ぐため、少し窓を開けて新鮮な空気を入れ、眠たくなったときは休憩をとるようにする。

77. 
シートベルトは、著しく座高が高いまたは低いなど、身体的に着用できないときは着用しなくてもよい。

78. 
標示とは、ペイントや道路びょうなどによって路面に示された線、記号や文字のことをいい、規制標示と指示標示の2種類がある。

79. 
酒を飲んで運転してはならないが、アルコール分の少ないビールであれば、飲んで運転してもかまわない。

80. 
二輪車で進行中、後方の車が自分の車を追い越そうとしているのに気付いたが、二輪車の機動性を生かして、速度を上げ、前の車を追い越した。

81. 
交通整理の行われていない交差点で、道幅が同じような道路では、右方車は左方車に道をゆずらなければならない。

82. 
路側帯のある道路で、駐車や停車できるところであっても、歩行者のため0.5メートル以上の余地をあけなければならない。

83. 
二輪車のマフラーの排気口の付近に穴が開いていたので、マフラーの真ん中を切断した。

84. 
二輪車でカーブを曲がるときは、カーブの手前の直線部分で十分減速してから曲がるようにするとよい。

85. 
この標識は、歩行者横断禁止を表している。

86. 
通学・通園バスが止まっていて、園児などが乗り降りしているときにそのそばを通るときは、園児などの飛び出しに気を付け、徐行して安全を確かめなければならない。

87. 
対向車と正面衝突のおそれが生じたときは、少しでもハンドルとブレーキでかわすようにしなければならないが、もし道路外が危険な場所でなければ、道路外に出ることもためらってはならない。

88. 
この標示のある交差点を右折するときは、矢印の部分を通行しなければならない。

89. 
交通整理の行われていない交差点に差しかかったとき、ほかの車や路面電車が接近していたので、衝突事故をさけるため速度をはやめてその交差点を通過した。

90. 
上り坂の途中では、平坦な道路で前車に続いて停車するときのように、車間距離をつめて停止するのがよい。

91. 
歩行者の通行やほかの車などの正常な通行を妨げるおそれがあるときは、横断や転回や後退をしたり、道路に面した場所に出入りするために右左折や横断をしたりしてはならない。

92. 
警察官の手信号と信号機の信号が違っている場合には、信号機の信号に従わなければならない。

93. 
乗客の乗降のため路面電車が停留所で止まっているときは、その後ろで停止しなければならないが、安全地帯があるときは、乗り降りする人がいても徐行して通行することができる。

94. 
高速道路のトンネルや切り通しの出口などは、横風のためにハンドルをとられることがあるので、注意して通行しなければならない。

95. 
高速道路を通行するときは、前もって荷物が転落、飛散しないように点検し、必要があれば荷物を積み直さなければならない。

96. 
高速道路を走るときは、高速走行での安定性を増すため、タイヤの空気圧は少なめにした方がよい。

97. 
信号機のない交差点を直進しようとしたところ横断歩道を渡り始めた歩行者を認めたが、自分の運転する車を見て立ち止まったので、一時停止せずに徐行した。

98. 
無理なく追い越しをするためには、前の車の速度や道路状況をつかみ、追い越しに必要な距離や速度を正しく判断することが大切である。

99. 
かぜで高熱が出て、正常な運転ができないおそれがあったので、運転を控えてタクシーで病院へ行った。

100. 
警察官が手信号により、交差点以外で横断歩道などのないところで両腕を横に水平に上げているときは、対面する車はその警察官の1メートル手前のところで停止しなければならない。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です