仮免模擬テスト

仮免模擬テスト

教習番号を入力してください
氏名を入力してください(フルネーム)
1. 
横断歩道や自転車横断帯に近づいたとき、横断する人や自転車がいないことが明らかな場合は、徐行や一時停止せずに通行してもよい。

2. 
重い荷物を積んでいると、車の制動距離が長くなる。

3. 
標識や標示によって路線バスなどの優先通行帯が指定されているところでも、交通が混雑している場合は通行できる。

4. 
警察官は、交通混雑の防止や危険防止のため、信号機の信号や標識・標示などと異なる交通の方法を指示することがある。

5. 
「追越し禁止」の補助標識が取り付けられていないこのような標識のある場所では、道路の左側部分であっても追い越しをしてはならない。

6. 
運転者が疲れていても、停止距離が長くなるようなことはない。

7. 
一般道路で自動車を運転するとき、最高速度を標識などで指定されていない場合は、時速60キロメートルを超えて運転してはならない。

8. 
横断歩道のない交差点のすぐ近くを、歩行者が横断していたが、危ないので警音器を鳴らして横断をやめさせた。

9. 
黄の線で区画されている車両通行帯でも、後続車がない場合はその線をこえて進路を変えてもよい。

10. 
車が徐行するときの合図の時期は、徐行しようとするときである。

11. 
車両通行帯のある道路では、みだりに通行帯を変えながら通行すると、後続車の迷惑となったり事故の原因にもなる。

12. 
普通免許を受けている者は、普通自動車のほか、小型特殊自動車や原動機付自転車も運転することができる。

13. 
前方交差点の信号が青であるが、渋滞していてその交差点を通過できないときは、交差点手前の停止線で停止し、交差点に入ってはならない。

14. 
同一方向に二つの車両通行帯があるときは、速い車が右側、遅い車は左側を通行する。

15. 
初心者マークや高齢者マークをつけている車に対して、追い越しや追い抜きをしてはならない。

16. 
この標識は、二つの道路が合流して道幅が広くなることを示している。

17. 
この標識は、学校が近いことを表している。

18. 
路線バスなどの専用通行帯に指定されている道路で、路線バスなどの交通が少ないときは、普通自動二輪車はいつでも通行することができる。

19. 
初心運転者期間内に交通違反を犯し、初心運転者講習の通知を受けた者が、その講習を受けなかった場合は、再試験を受けることになる。

20. 
横の信号が赤になれば、対面する信号はすぐに青に変わるので、発信してもよい。

21. 
二日酔で、めまいがしている状態の場合、近距離であっても車を運転してはならない。

22. 
踏切で一時停止をし、安全確認をしているときに、警報機が鳴り始めたら急いで通過する。

23. 
急ブレーキは、危険防止のためやむを得ない場合のほかはかけてはならない。

24. 
まがりかどは、見通しがよければ追い越してもよい。

25. 
このような標識のある場所のそばを通るときは、必ず徐行しなければならない。

26. 
交差点(環状交差点を除く)で右折または左折をする場合の合図を行なう場所は、その行為をしようとする地点から30メートル手前の地点に達したときである。

27. 
普通免許を受けていれば、最大積載量が3,000キログラムの貨物自動車、乗車定員11人の乗用自動車を運転することができる。

28. 
路線バスなどの優先通行帯を走行中、路線バスが接近してきたが、急いでいたのでそのまま進行した。

29. 
青色の灯火の信号は、すべての車が直進し、左折し、右折することができる。

30. 
「初心運転者標識」をつけて運転している者に対し、その車の側方に幅寄せをしたり、前方に無理に割り込んではならない。

31. 
オートマチック車を発進させるときは、ハンドブレーキが引いてあり、チェンジレバーがPの位置にあることを確認してから、ブレーキペダルをしっかり踏んで操作しないと危険である。

32. 
追い越しをするときは、右の方向指示器を出して約3秒後に、最高速度の制限を超えて加速するのがよい。

33. 
オートマチック車で発進するときのアクセルペダルの操作は、ブレーキペダルを徐々に放し、車が動き出してから、静かに踏むようにするのがよい。

34. 
この標識は、歩行者横断禁止を表している。

35. 
標識や標示によって一時停止となっている見通しの悪い交差点では、その手前の停止線で止まると、交差道路の車の接近がよく見えないので、はじめから停止線をこえて左右方向の安全が確認できる位置で止まった方がよい。

36. 
オートマチック車では、エンジンを始動したら暖機運転を十分にして、エンジンの回転数が安定してから発進するのがよい。

37. 
この標識は、「車両進入禁止」を表したものである 。

38. 
この標識は、この先の道路が工事中のため、車は通行できないことを示している。

39. 
同一方向に三つ以上の車両通行帯があるときは、最も右側の車両通行帯は追い越しのためにあけておき、速度が遅い車が左側、速度が速くなるにつれて順次右側寄りの車両通行帯を通行する。

40. 
前方の交通が混雑して、横断歩道、自転車横断帯、踏切で停止することとなる場合は、その手前で停止しなければならない。

41. 
路面にこのような標示があるときは、その前方に交差点があることを示している。

42. 
路線バスを回送するためであれば、大型一種免許で運転できる。

43. 
この標識は、道路がこの先で行き止まりになっていることを示している。

44. 
踏切を通過するときは、踏切の直前(停止線があるときは、その直前)で一時停止をし、車の窓を開けたり、カーステレオのボリュームを下げるなどして、自分の目と耳で左右の安全を確かめなければならない。

45. 
ブレーキをかけるときは、最初はできるだけ軽く踏み込み、それから必要な強さまで徐々に踏み込むのがよい。

46. 
交差点において、進行方向の信号が赤の点滅である場合は、徐行して通行する。

47. 
青色の灯火の信号に従い交差点に入ろうとしたとき交通整理中の交通巡視員が「止まれ」の指示をしたので、交差点の中に入って停止した。

48. 
オートマチック車は、走行中にアクセルペダルを一気に踏ふみ込むと、自動的に一段下のギアに変速され、急加速ができるようになっている。

49. 
この標識は、横断歩道を表す警戒標識である。

50. 
盲導犬を連れた人が歩いている場合には、運転者は一時停止か徐行をして、その人が安全に通れるようにしなければならない。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です