本免模擬テスト

教習番号を入力してください
氏名を入力してください(フルネーム)
1. 
普通自動二輪車と大型自動二輪車の日常点検は、走行距離、運行時の状況から判断して適切な時期に行えばよい。

2. 
二輪車でブレーキをかけるときは、雪道など路面がぬれてすべりやすいところでは後輪ブレーキ、乾いたところでは前輪ブレーキを強めにかける。

3. 
警察署や消防署の前に停止禁止部分の標示があるところでは、信号での一時停止であっても停止してはならない。

4. 
道路の曲がり角やカーブを走行するときは、車の内輪差により後輪が路肩にはみ出すおそれがあるので注意しなければならない。

5. 
狭い道路を進行中、進路の前方に駐車車両があったので、一時停止して、反対方向から進行してくる自転車を先に通行させた。

6. 
白や黄のつえを持った人や盲導犬を連れた人が歩いているときは、それらの人が安全に通行できるように、一時停止または徐行しなければならない。

7. 
こどもの遊んでいる付近を通過するときは、急に飛び出してもすぐに止まれるように、十分注意する必要がある。

8. 
大型二輪免許を受けて1年を経過していない者(普通自動二輪免許を受けていない者)は、大型自動二輪車で二人乗りをしてはならないが、普通自動二輪車は二人乗りすることができる。

9. 
雨降りの車道に水たまりがあったが、歩行者が自動車をさけたので、徐行しないで走行した。

10. 
安全にカーブを曲がるためには、途中で減速するよりも、その手前の直線部分で十分速度を落とすのがよい。

11. 
車を運転するときは、げたやハイヒールなど運転操作を妨げるようなはきもので運転してはならない。

12. 
交差点付近を指定通行区分によって通行しているときは、緊急自動車が接近してきても、進路をゆずる必要はない。

13. 
この標識は車両の停止位置を示すものであるから、道路に白線で示されている停止線と同じである。

14. 
下り坂では、車に加速がつき、平地より停止距離が長くなるので、車間距離を長くとった方がよい。

15. 
二輪車の正しい乗車姿勢は、手首を下げ、ハンドルを前に押すようにしてグリップを軽く握り、ひじがわずかに曲がるようにし、背すじをのばして視線は先の方に向けるのがよい。

16. 
時速60キロメートルでコンクリートの壁に激突した場合は、約14メートルの高さ(ビルの5階程度)から落ちた場合と同じ程度の衝撃力を受ける。

17. 
雨の日は、歩行者や通行車両も少なく、ほかの車も注意して運転しているので、晴れの日よりもかえって危険度が低くなる。

18. 
二輪車のエンジンブレーキは、スロットルを戻すと制動される。

19. 
交差点が近くにないような道路で、反対方向から緊急自動車が近づいてきたときでも、道路の左側に寄って進路をゆずらなければならない。

20. 
走行中にタイヤがパンクしたときは、まずハンドルをしっかりと握り、車の方向を直すとともに、断続的にブレーキを踏んで止めるようにするのがよい。

21. 
高速自動車国道では、最高速度は法律で決められているが、最低速度は決められていない。

22. 
ハイドロプレーニング現象とは、ブレーキオイルに気泡が入り、ブレーキがきかなくなることをいう。

23. 
二輪車の正しい乗車姿勢は、背すじをのばし、視線は先の方へ向ける。

24. 
自動車は、一定の期間ごとに定期点検をするように定められているが、それは任意である。

25. 
カーブを曲がるときは、常に内側に遠心力が働くことを考えなければならない。

26. 
高速道路で追越しをするときは、一時的に最高速度を超えてもよい。

27. 
警音器は、「警笛鳴らせ」の標識がある場所や、「警笛区間」の標識のある区間内で、見通しの悪い交差点、曲がり角、上り坂の頂上を通るときには、警音器を鳴らさなければならない。

28. 
二輪車で走行中にパンクしたときは、急ブレーキをさけ、断続的にブレーキを踏んで停止するとよい。

29. 
車が徐行するときの合図の時期は、徐行しようとするときである。

30. 
後退するときの合図の方法は、後退灯をつけるか、腕を車の外に出して斜め下にのばし、手のひらを後ろに向けて、その腕を前後に動かせばよい。

31. 
路線バスが発進の合図をして動き出していたが、警音器を鳴らして注意をうながし、前車に続いてバスを追い越した。

32. 
交通整理の行われていない道路幅が同じ道路の交差点では、路面電車や左方からくる車の進行を妨げてはいけない。

33. 
ブレーキを点検するときは、高速で走行してから急ブレーキをかけて、制動テストをするのが適当である。

34. 
追い越しには、長い距離を必要とするので、追い越しに要する距離や時間を正しく判断することが大切である。

35. 
自動車損害賠償責任保険証明書(強制保険)は、交通事故を起こしたときに必ず必要なものであるから、車の中に置かずに、自宅で大切に保管しなければならない。

36. 
手による左折の合図方法は、右腕を車の右側の外に出して、ひじを垂直に上に曲げるか、左腕を車の左側の外に出して水平にのばすのが、正しい方法である。

37. 
交差点の信号機の信号が黄色に変わったとき、安全に停止できる状態であっても、黄色の信号は「止まれ」の意味ではないので、注意しながら通過した。

38. 
踏切に差しかかったときは、あらかじめ減速し、踏切の直前(停止線が引かれているところでは、その直前)で、確実に停止できる速度で進行しなければならない。

39. 
自動車や原動機付自転車を運転するときは、免許証を携帯していなければならない。

40. 
この標識は、道路がこの先で行き止まりになっていることを示している。

41. 
貨物自動車の荷台には、荷物の見張りのためであっても、人を乗車させてはならない。

42. 
高速になると視力が低下し、特に近くのものが見えにくくなるので注意しなければならない。

43. 
長時間運転していると、目が慣れてきて見落としがなくなるので、安全に運転することができる。

44. 
後方から緊急自動車が近づいてきたとき、路線バス専用通行帯を路線バスが通行していたが、その車線に入って道路の左側に寄り、緊急自動車に進路をゆずった。

45. 
自分は運転免許がなかったので、友人が酒を飲んでいることを知っていたが、その友人の運転する車で自宅まで送ってもらった。

46. 
二輪車は、急ブレーキをかけると車輪がロック(車輪が止まった状態)し、横すべりを起こす原因となる。

47. 
二輪車のブレーキは、エンジンブレーキを使わないで、前輪、後輪ブレーキを別々にかけるとよい。

48. 
所用のため、車から離れてすぐに運転できない状態であったが、短時間で車に戻ることができれば、駐停車禁止場所に車を止めることができる。

49. 
オートマチック車は、エンジン始動直後やエアコン作動時は、エンジンンの回転数が高くなり、急発進する危険があるので、ブレーキペダルを特にしっかりと踏むようにする。

50. 
二輪車の後輪がロック(車輪が止まった状態)するより、前輪がロックしたときの方が転倒しやすい。

51. 
急加速や急ハンドルで後輪が横すべりしたときは、後輪がすべった方向の逆にハンドルを切るのがよい。

52. 
雨降りの路面を高速で走行すると、路面とタイヤの間に水を巻き込み、タイヤが浮いた状態になり、ハンドル操作がきかなくなることがある。

53. 
高速自動車国道の本線車道が道路の構造上往復の方向別に分離されていない区間では、標識などにより最高速度が指定されていなければ、最高速度は一般道路と同じである。

54. 
標識や標示により最高速度が指定されていない高速道路では、ミニカー、原動機付自転車は通行できないが、そのほかの自動車は通行できる。

55. 
自動車を後退させるときは、シートベルトを着用しなくてもよい。

56. 
最高速度が標識などで指定されていない道路では、運転者が安全と思う速度で運転してもよい。

57. 
故障車をロープでけん引するときは、その間を5メートル以内にし、ロープの中央に0.3メートル平方以上の白い布をつけなければならない。

58. 
この標識は、横断歩道であることを示している。

59. 
標識、標示によって一時停止が指定されている交差点で、ほかの車などがなく、特に危険がない場合は、一時停止する必要はない。

60. 
車は、原則として道路の中央(中央線があるときは、その中央線)から左側の部分を通行しなければならない。

61. 
夜間、交通整理中の警察官が灯火による信号で、灯火を身体の前で左右に振っているときは、灯火の振られている方向の交通に対しては、信号機の青色の灯火の信号と同じである。

62. 
二輪車はバランスを保つためにも、体格にあったものに乗るのがよい。

63. 
駐車しようとする場合には、急いでいても必ず駐車できる場所であるかどうかを確認することが必要である。

64. 
高速道路で故障した場合、登坂車線があるときは、その登坂車線に駐車することができる。

65. 
緊急自動車が接近してきたが、交差点付近ではなかったので、道路の左側に寄って進路をゆずった。

66. 
車の積載物の大きさや積載方法に制限が定められているのは、車の構造上のためだけである。

67. 
二輪車の正しい乗車姿勢は、ステップに土踏まずをのせ、足先はブレーキペダルの上に置くと不用意に踏んでしまうおそれがあるのでブレーキペダルの下に置くとよい。

68. 
無理なく追い越しをするためには、前の車の速度や道路状況をつかみ、追い越しに必要な距離や速度を正しく判断することが大切である。

69. 
ほかの車をけん引するときの高速自動車国道での法定最高速度は、時速80キロメートルである。

70. 
車の運転行動は、認知、判断、操作の繰り返しであり、交通事故を防ぐには、常に危険を予測した運転をするように心がけることが必要である。

71. 
自動二輪車や原動機付自転車は、幅の広い路側帯のある道路で交通量が多い場合には、その路側帯を通行することができる。

72. 
交差点で右折または左折をする場合の合図を行う場所は、その行為をしようとする地点から30メートル手前の地点に達したときである。

73. 
車輪を上げないでロープなどで故障車をけん引するときは、丈夫なロープなどで確実につなぎ、ロープなどの見やすい箇所に30センチメートル平方以上の赤い布をつけなければならない。

74. 
エンジンブレーキは、高速ギアの方が制動力は大きい。

75. 
駐車とは、車が継続的に停止することや、運転者が車から離れていてすぐに運転できない状態で停止することをいう。

76. 
乗客の乗降のため路面電車が停留所で止まっているときは、その後ろで停止しなければならないが、安全地帯があるときは、乗り降りする人がいても徐行して通行することができる。

77. 
車に乗ってからドアを閉めるときは、少し手前で一度止め、力を入れて閉めるようにする。

78. 
二輪車の乗車位置は、両ひじは横に張り出すくらいにし、なるべく前の方に腰をおろすようにする。

79. 
自動車の乗車定員は、12歳未満については、こども5人で大人2人として計算する。

80. 
登坂車線がある道路では、重い荷物を積んだトラックなどの速度の遅い車は登坂車線を通行し、高速車に進路をゆずる。

81. 
二輪車でカーブを曲がるときは、ハンドルを切るのではなく、車体を傾けることにより自然に曲がる。

82. 
荷物が分割できないため、積載物の長さが規定を超える場合は、出発地の警察署長の許可を受けると積載して運転することができる。

83. 
安全地帯のそばを通るときは、安全地帯に歩行者がいてもいなくても徐行しなければならない。

84. 
この標識は、この先が上り坂であり、対向車に注意する必要があることを示している。

85. 
児童・幼児の乗り降りのため停止している通学・通園バスの側方を通過するときは、後方で一時停止して安全を確かめなければならない。

86. 
この標識は、車両の停止位置を示すものであるから、道路に白線で示されている停止線と同じ意味である。

87. 
二輪車の点検に当たっては、ブレーキのあそびは適当か、ハンドルは重くないか、車輪にガタやゆがみはないか、ワイヤーが引っかかっていないかなどを点検しなければならない。

88. 
トンネルの中は、危険防止のために一時停止する場合などを除き、駐停車することはできない。

89. 
上り坂の頂上付近では、必ずしも徐行する必要はない。

90. 
車で走行中、トンネルに入るときは、あらかじめ前照灯を点灯していれば、速度を落とす必要はない。

91. 
交通整理の行われていない交差点で、道幅が同じような道路では、右方車は左方車に道をゆずらなければならない。

92. 
車両通行帯のある道路で、ほかの車線へ進路変更をしようとして、後方の安全を確認したが、後車との距離が十分にあったので、合図をしないで進路を変えた。

93. 
同一方向に二つの車両通行帯があるときは、左側の車両通行帯を通行しなければならない。

94. 
交差点を左折するときは、左側に寄って通行する二輪車に十分注意し、あらかじめ道路の左端に寄り、徐行しながら巻き込み事故を起こさないよう運転する。

95. 
こどもの遊んでいる付近を通過するときは、急に飛び出してもすぐに止まれるように、十分注意する必要がある。

96. 
自転車のそばを通過するときには、スピードを落とせばよい。

97. 
この標示のある交差点を右折するときは、矢印の部分を通行しなければならない。

98. 
アンチロックブレーキシステムを備えた自動車で急ブレーキをかける場合には、一気にブレーキを強く踏み込み、そのまま踏み込み続けないとシステムが作動しない。

99. 
二輪車のブレーキは、ブレーキレバーで後輪ブレーキがかかり、ブレーキペダルで前輪ブレーキがかかる。

100. 
この標識のある通行帯は、小型特殊自動車、原動機付自転車、軽車両以外の車は通行することができない。