仮免模擬テスト

教習番号を入力してください
氏名を入力してください(フルネーム)
1. 
この標識は、横断歩道を表す警戒標識である。

2. 
この標識のある道路での原動機付自転車の最高速度は、30キロメートル毎時である。

3. 
このような標識のあるところでは、普通自動車だけが軌道敷内を通行することができる。

4. 
交差点の手前にこの標識が設けられている場合は、自動車の右折はできないが原動機付自転車は右折できる。

5. 
このような標識のある場所のそばを通るときは、必ず徐行しなければならない。

6. 
この標識がある交差点では、原動機付自転車は二段階右折をしなければならない。

7. 
この図のような警察官の手信号は、矢印の方向に対しては信号機の信号の赤と同じ意味である。

8. 
この標識のあるところでは、車の横断(道路外の施設または場所に出入りするための左折を伴う横断を除く)を禁止している。

9. 
この標識は、高速自動車国道または自動車専用道路であることを表している。

10. 
この標識は、この先に学童、園児のための横断歩道があることを示している。

11. 
この標識は、二つの道路が合流して道幅が広くなることを示している。

12. 
この標識は、この先の道路がY型交差点になっていることを示している。

13. 
オートマチック車のエンジンブレーキは効果がないので、下り坂などではフットブレーキとハンドブレーキで減速するのがよい。

14. 
車のドアを開けるときは、ドアを少し開けて一度止め、後方を確認してから降りるようにする。

15. 
「初心運転者標識」をつけて運転している者に対し、その車の側方に幅寄せをしたり、前方に無理に割り込んではならない。

16. 
初心者マークや高齢者マークをつけている車に対して、追い越しや追い抜きをしてはならない。

17. 
チャイルドシートは、こどもの体格に合い、座席に確実に固定できるものを選ぶとよい。

18. 
12歳のこどもを自動車に同乗させるときは、そのこどもにチャイルドシートを使用させなければならない。

19. 
初心運転者期間内に交通違反を犯し、初心運転者講習の通知を受けた者が、その講習を受けなかった場合は、再試験を受けることになる。

20. 
仮運転免許は、第一種運転免許または第二種運転免許を受けようとする者が、練習などのために大型自動車、中型自動車、準中型自動車または普通自動車を運転しようとする場合の免許をいう。

21. 
道路の左側部分の幅が6メートル以上あれば、右側部分にはみ出して追越してもさしつかえない。

22. 
優先道路を通行しているとき以外は、自転車横断帯の手前30メートル以内の場所では、自動車や原動機付自転車を追越してはならない。

23. 
規制標示とは、ペイントや道路びょうなどによって路面に示された線、記号や文字のことをいい、特定の交通方法を禁止または指定するものである。

24. 
横断歩道や自転車横断帯に近づいたとき、横断する人や自転車がいないことが明らかな場合は、徐行や一時停止せずに通行してもよい。

25. 
道路外に出るため歩道を横切るときは、歩行者がいるときは一時停止し、いなければ徐行で通行することができる。

26. 
信号機のある交差点で、停止線がある場合は、停止線の直前で停止する。

27. 
横断歩道のない交差点のすぐ近くを、歩行者が横断していたが、危ないので警音器を鳴らして横断をやめさせた。

28. 
交差点や交差点付近以外の場所(一方通行を除く。)で、緊急自動車が近づいてきたときは、左側によって進路をゆずらなければならない。

29. 
踏切内では、変速操作をしないで、中央寄りを一気に通過するようにする。

30. 
右左折しようとするときは、その行為をしようとする3秒前に合図をする。

31. 
まがりかどは、見通しがよければ追い越してもよい。

32. 
車を運転中、道に迷ったので、車に備え付けのカーナビゲーションを注視しながら運転した。

33. 
前方の交通が混雑している場合は、横断歩道上に止まってもよい。

34. 
交差点で右折しようとするとき、反対方向から直進してくる二輪車がある場合は、自分の車に優先権があるので先に右折することができる。

35. 
交通整理の行われていない交差点で、道路幅が同じである場合は、左方からくる車に進路をゆずらなくてはならない。

36. 
一方通行の道路において交差点付近を通行中、緊急自動車が近づいてきたので、左側に寄って徐行した。

37. 
道路に面した場所に出入りするために路側帯を横切るときは、歩行者がいないことが明らかであってもその直前で一時停止しなければならない。

38. 
交通整理の行われていない道路幅員が同じような道路の交差点では、右方からくる車があるときは、その進行を妨げてはならない。

39. 
前方交差点の信号が青であるが、渋滞していてその交差点を通過できないときは、交差点手前の停止線で停止し、交差点に入ってはならない。

40. 
急ブレーキは、どのような場合であってもかけてはならない。

41. 
交差点で直進か左折する車や路面電車があっても、いつでも右折する車に優先権がある。

42. 
通学・通園バスが止まっていて、園児などが乗り降りしているときにそのそばを通るときは、園児などの飛び出しに気を付け、徐行して安全を確かめなければならない。

43. 
勾配の急な下り坂では、徐行しなければならない。

44. 
踏切内では、エンストを防止するために、低速ギアのまま一気に通過するのがよい。

45. 
同一方向に二つの車両通行帯があるときは、左側の車両通行帯を通行しなければならない。

46. 
交通整理の行われていない交差点で、道幅が同じような道路では、右方車は左方車に道をゆずらなければならない。

47. 
前の車が交差点などで停止や徐行しているときは、その前に割り込んではいけないが、横切るのはよい。

48. 
歩行者専用道路では、沿道に車庫を持つ車は、警察署長の許可を受けなくても通行することができる。

49. 
一方通行となっている道路では、道路の右側部分を通行することができる。

50. 
交差点を右折しようとする場合に、その交差点で直進か左折をする車や路面電車があるときは、自分の車が先に交差点に入っていても、その進行を妨げてはならない。